【驚異】DCP-J987NとDCP-J982Nの違いは?|1つの違い

brother工業の、DCP-J987N(DCP-J987N-W)とDCP-J982Nのちがいについて調べてみました。

DCP-J987Nは、価格ドットコムでプリンターランキング2位の超人気プリンター。(2021年1月の時点)

 

 

DCP-J987Nは、比較的安価で使い勝手のよい4色カラーの人気のモデルですが、前モデルのDCP-J982Nとどこがちがうのかを調べてみました。

 

比較の対象とされやすいのは、キヤノンのTS8430、エプソンのEP-883Aなどですが、DCP-J987NにはADFが付いおり、スキャン時の利便性が高く、PDFを作成する時の手間が大幅に省けることや、20枚までオートで連続コピーできるところが大きなメリットと言えます。

 

また、インクは4色と少ないのですが、顔料インクと染料インクを組み合わせて使用するので、書類と写真のどちらもきれいに仕上がるメリットがあります。染料インクのみの場合だと、写真はかなり美しく仕上がりますが、文字印刷にシャープ感がなく、生ぬるい印刷結果になるデメリットがあります。

(スマートフォンでは、左右にスクロールするか、
画面を横向きにすることで、表全体が見られます。)

型番 DCP-J987N DCP-J982N
外観

 

最高解像度 6000dpi 6000dpi
インク色数 4色独立(顔料+染料) 4色独立(顔料+染料)
対応インク LC3111 LC3111
パネル 2.7型タッチ方式 2.7型タッチ方式
インターフェース 有線LAN・無線LAN 有線LAN・無線LAN
給紙方式 前面トレイ2段・背面トレイ有 前面トレイ2段・背面トレイ有
給紙枚数 【前面上段】

(例)ハガキ・L判…20枚

【前面下段】

(例)A4普通紙…100枚

【前面上段】

(例)ハガキ・L判…20枚

【前面下段】

(例)A4普通紙…100枚

自動電源ON × ×
自動両面印刷
レーベルプリント
ダイレクトプリント USB…〇 メモリーカード…〇 USB…〇 メモリーカード…〇
コピー・スキャナ
ファクス × ×
ADF
印刷コスト(文書) 8.4円(カラー)

2.7円(モノクロ)

8.4円(カラー)

2.7円(モノクロ)

印刷速度(普通紙) 10ipm(カラー)

12ipm(モノクロ)

10ipm(カラー)

12ipm(モノクロ)

印刷コスト(L判) 約18.6円 約18.6円
印刷速度(L判) 14秒 14秒
横幅×奥行×高さ 約400×341×172㎜ 約400×341×172㎜
重さ 約8.6㎏ 約8.6㎏
本体カラー ホワイトのみ ブラック・ホワイト

 

赤字の部分が、大きく異なるところです。

DCP-J987NとDCP-J982Nってどこがちがうの?
ちがうのは色だけってこと!?

まとめ DCP-J987NとDCP-J982Nは同一のモデルだった。

以上から、基本スペックは同等で、両モデルは同一のモデルであることがわかります。
異なる点といえばカラーラインナップにブラックが含まれるかの1点のみでした。

昨今のプリンター事情から致し方ないのかもしれないのですが、スペック面においては部分的な変更もないようです。

 

「本体カラーはブラックがいい!」という方はさておき、2021年の年明けの時点のAmazonでは、
新モデルのDCP-J987Nのほうが1万8000円程度、旧モデルのDCP-J982Nは、在庫が少なくなっているのかかえって値段が吊り上がって2万5000円程度。新モデルと数千円の価格差が生じています。

 

本体カラーラインナップはホワイトしかありませんが、迷わずに新モデルを購入するのをおすすめします。

 

では、快適なプリンターライフを。

 

 

コメントは受け付けていません。

あわせて読みたい記事